オリンピックの年はオーガンジーがよく売れる、

オーガンジーはオリンピツクの年にはよく売れる
と言うジンクスがありました 実際前々回くらい前まではそのように
実感しましたが、最近は少しかわってきました。
今思うにはブームが来て 販売増→生産増→在庫積み増し→
生産減→在庫枯渇→生産増 のサイクルが4年周期のオリンピックに
シンクロしていたとかんがえられる。
こういえばロマンの無いみもふたもない話ですが実際、生産と販売の
現場が直結して増減の触れ幅と周期が小さくなったことがブームが
起きなくなった原因でしょう、オリンピックイヤーはーガンジーイヤー
だつたは過去の話になってしまった。
オーガンジーとは元々細番手の綿を密度粗く織った薄地で透け感が
有りハリのある綿織物でした。ハリコシの耐久性乏しいものをシルクに
置き換えてハリコシの必要な服に欠かせない大事な織物になりました。
通常の絹織物では精錬して溶かしてしまう繊維の皮膜セリシンを残した
まま糸染めして織ることで薄くて固く透け感の有る織物になりました。
昭和30年代に桐生産地で開発されその後北陸産地で大増産され米国
へ大量輸出されシルクオーガンジーの大ブームとなりました。
50年代に石川産地でポリエステル30デニールの糸を先染めしてシルク
のセリシンに代替して合成樹脂を塗膜してハリコシを持たせる手法で
ポリエステルオーガンジーが誕生、そのご20デニールのモノフィラメント
をつかうことで樹脂加工せずとも固さを保てることからこれがポリエステル
オーガンジーの本流となりました。
現在シルクオーガンジーは国内2~3社 ポリオーガンジーは10社足らず
中国、韓国、台湾の生産量が圧倒的に多くなりましたが、すべては日本
の群馬県、石川県の小規模な1工場から生まれた品種です。
ちなみに原糸となるモノフィラメント20デニールは日本で開発され世界で
独壇場でしたが中韓台、トルコ、インドに追い上げられ、糸、織物ともに
生産絶対量では完敗しましたがトップランナーの意地で差別化新素材の
研究継続中です。
                          あざみや
                          オーダードレス美露土       

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その④

mg2renketu.jpg

イッセイミヤケのプリーツプリーズに別注色オーダーがあったり シャネルのコレクションに採用
されたり、また花王のアジエンスのCMで使われたりして自信をもって世界一薄いシャンブレー
オーガンジーと謳っていましたが、なんと
ライバル出現 うちより薄くて軽いオーガンジーが同業他社が開発売り出してきました。
なんと7デニールの糸です。 見事にソフトで軽いのです これで世界一の座は失いましたが 
よくよく比較検討の結果薄すぎて洋服にはちょつと難しいなと
案の定 価格も高く(約4倍) :いまはショール スカーフでものづくりをされてる模様 確かに重量
を感じないくらい軽く透明感あり素晴らしいものですが後染めオンリーでシャンブレーは出ません 
やはりこれは別商品で競合はしないと結論づけました。 うちはうちで、先染めシャンブレーを
大事に守っていこうとおもいます。 商品名  tex nouveau NO.18 あざみやでは単に、
オリジナルオーガンジーとしています。
その後ジルサンダーもお買い上げあり 昨夏前から弊社得意先 国内業者様の注文がふえて
きました。
ファッション8年循環説が生きているのか  ネットのお客さまもこのオーガンジーご注文ふえて
きています。
                                     生地あざみや販売ページへ  
            

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その③

L143b.jpg
量産が軌道に乗った年 東京ソワールがこの生地でショールやストール
を百貨店で相当販売してました。 たしか1万5千円で相当のヒット商品
になりました。
ヒット商品ができると必ず追っかけ商品がでてくるもので、その翌年イオンが
1万円をきった値段で売り出してその翌年ショールのブーム終了
当社の出荷量もかなり落ち込みました。普通の織物ならブーム終了で
価格ダウンして最後は投売りでおしまいですが思い込みの強いこの商品
苦労して産んで育てた身として商品価値を落とす価格破壊はしたくなく
我慢の生産継続しています。
というよりこれだけ細い糸の織物は熟練作業者が継続しててできることで
一旦やめたら再生産はできないのです。
今も根強いフアンのおかげで爆発的な量ではありませんが、現在も弊社の
看板商品として生産継続しています。
そうそう世界一薄いオーガンジーの話でした
次回へ続きます。 
                           生地あざみや販売ページへ

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その②

b2.jpg
通常ポリエステルオーガンジーはモノフィラメントといって20デニールで1本の糸で
そのままタテ糸につかいますが当社オリジナルオーガン15デニールは断面が三角で
そのままタテ糸に並べると反射面が不ぞろいになり光沢が汚くなります。
それの解決に縦糸(タテイト)に少し撚りを入れることで均一でソフトな光沢を得る事
が出来ました。 おまけに撚糸使いによりの細さの効果以上のソフト感が発現した
ことが幸運でした。
コストが高くなることと 量産方法で苦労したことは抜きにしてこれで”世界一薄くて
ソフトな先染めオーガンジー”とt打って出ることに シャネルやイッセイミヤケの
プリーツ・プリーツにも使われることになりました。
ただ薄くて縫いが難しいのと価格高が問題です、この透け感を活かしてドレス美露土
は重ね使いでドレスにふんだんに使っていますが
以後16色から36色まで増やしてきたことは前にもお話したとおりです  花王の
アジエンスのテレビCMに使われ映像の素晴らしさに感動しました。
ところが数年後”世界一薄い・・・”が謳えない状況に!!!!
  
                              生地あざみや販売ページへ

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 ①

m7.jpg
通常ポリエステルオーガンジーは20デニールの糸で作りますが10年前
に10デニールの三角断面の新しい糸ができた時これで先染めオーガンジ
を作ろうと閃いて1ヶ月で完成 展示会の前日加工上がり深夜までかかって
設営 展示会に間にあいました。 
16色 1品種のみの展示はインパクトがあり 好評で当時ドレスの上に
羽織るショールの流行も相まってごい発注がありました。 
ただし試織は成功しても量産で不良品続出で客に納期遅れ ひどい迷惑を
おかけしましたが新商品で代替品がなく抱強く待ってもらえて軌道に乗るまで
10ヶ月かかりました。 
以後順次色数を増やして現在36色展開しています。ヒット商品が出ると大体
すぐにコピー品が安値で追っかけてくるのですがこれだけは日本国内でまだ
出てきません。
 シャネルがコレクションで使ったのが発端で同社へ販売ルートできたのも 
このおかげでした。 ただトルコのインテリア織物会社が色まで真似した
コピー品を出してきたのには驚きましたが。 
とまあこんない入れのあるわが社の看板商品10年目を迎えいろいろと
考えねばとっています。  
                          生地あざみや販売ページへ

新作できました

2kata.jpg


ポリエステル25% 綿75% ニツトのように伸縮の織物です。
通常は織機からおろした生地を加工して仕上げ程でセットしてから縫製に
はいりますが、これは上げセットせずになま生地のまま縫製して染色に入れ
てこのような風合いをだします。
加工で生地を引っ張る工程を省くこととポリウレタンのようなゴム系糸を
使わずに糸と織り組織に後で縮む仕掛けがしてあります。

織物なのに編み物以上の伸縮性ができました。

中国人が中国語は疲れるって、なんだいそりゃ

本日中国人研修生初出勤、先輩の劉が張り切って世話をやいて

いました。いわく久し振りに中国語沢山しゃっべったら疲れたーっ と
そこで判ったのは日本語は母音が多く小さな声、小さな口の動きで
通じるが中国語は子音が多くて大きな声大きな口の動きが必要なの
だと 

それで中国人はあんなに声がかくて喧嘩のように聞こえるのだね。
以前よく痰を吐く行儀の悪い中国人見ましたが発声法が日本語では
使わない口内の筋肉を多用するせいだねきっと、日本語自体が
省エネ言語なのだ。
それにしても母国語喋ってつかれるなんて、劉は僅か2年でかなり
日本人化してきたなと
日本で作ってこそのメイドインジャパンだと常々言い続けてきたボス
だが日本でつくるのも中国人社員の力がないと出来ない現実ちょっと
考え込んでしまいました。

バスケ選手のユニフォームってなんであんなにカッコ悪いの?

スポーツ選手のユニフォームはどれも美しい。 機能性を追及したら
シンプルで必然的にきれいなシルエットになるからだと思う。 
フィギュアの浅田選手靴までストッキングで覆うより靴は露出した方が
絶対良いと思ってたら最近そうなってボスは非常に満足しています。
余計なお世話といわれるかも

スノボーは転倒事故から身を守るための丈夫なウエアが必要としても
バスケはどうなんだろう、あんなダボダボのパンツとウエア何か意味
があるのだろか。卓越した身のこなしやスピード感、美しいはずのもの
を殺しているとしか思えないのだが。選手はじっさいどうなんでしょうね

別にホディコンが好きなわけではないのだけど、中学時代の憧れの君
が女子バスケット選手でかつこよかったなあ

元気の無い日本にみえるけど若い女性の、グローバルな活躍は目覚しい

スポーツ界ではフィギュアスケート、サッカー、スキージャンプにレスリング
クラシック音楽、バレーなど世界のトップレベルで活躍する若い日本女性
の層の厚さに驚きですが、どっこい表に出てこないファッション界でも日本
の若いデザイナーがパリのメゾンに、わんさといます。若い才能を伸ばす
受け皿になる日本のアパレルメーカーが元気がないから、海外へいかざる
を得ないからとおもわれます。

ファッション性の高い生地を自国内でかろうじて作れるのは先進国では
日本だけかも知れない。イタリアは大半がトルコへOEM生産だし、国内の
主要基地だったプラトー市の工場はほとんどの工場が中国資本に、街中に
漢字の看板が溢れてるらしい。日本では中国へのOEMがなくなってきて
中国製品輸入が大半になつてしまいました。

日本国内にかろうじて残っている腕利きの生地メーカーのもとへパリの
メゾンのMDがおしのびで来ます。秘密保持契約のため誰もウチは何何社
へ収めているとはいえないのです。 そんなわけでビッグメーカーの製品
に使われている日本の生地は結構ある筈。シャネル社の有名MDから
『日本に求めるのはハイテク織物とジャポニズム』と言われた言葉が忘れ
られません。

ファッション商品は糸加工,織り、染加工、縫製と緻密に連携しないと新し
いものはできません。どんなにグローバル化がすすんでも関連工場が日本
国内にないと繊細な連携が組めないから自社単独では昔ながらの良い
日本製は出来ません。新しいものができて2年も継続すると必ずコピー商品
が下値ででてきますが、これはトップランナーの宿命で仕方がない

ユニクロは日本企業ではなく世界企業でありここがいくら伸びても日本の
繊維産業ファツション産業とは何の関わりも無い ソンナノカンケイネエの
世界でしょう 

ほんとに良い物は高いと理解してくれる人(世界中の人)に向かってつくり
続けていくしかないとおもいます。 

                                                          生地あざみや販売ページへ

ナイロンはポリアミドが新しい

デュポンによつてポリエステルが開発された時普及促進のため東レと帝人が合作で
テトロンという商標が作られた。他のメーカーはそれぞれエステル、クラベラ、ソルーナ
etcと自社商標をつくりました。

人工の繊維スタートは人造絹糸 人絹とよばれた 天然由来の綿、パルプを化学処理
して液状にしてからノズルから吹き出して糸にしたセルロース系長繊維で化学繊維と
称されました。綿を原料とするものがベンベルク゛、パルプから作るのがレーヨンですが、
天然原料ゆえ物性的には元原料とおなじです。

昔人絹とは安物のイメージでしたがレーヨンと呼び名を変えて様々に商品開発も進み
今では高級品です。ベンベルグは高級裏地、レーヨンはドライタッチで接触冷感があり
ます。 ファッション8年循環説(8年たつとデザイナーも消費者も世代が代わり昔のもの
が新しく見える)若いデザイナーが” 人絹って言う新しい繊維ができたんだって” とい
った話しがあったとか・・・・ベンベルグを残してレーヨンの国内生産はなくなり中国生産
のみ糸価格は一昨年急騰し高止まりのままです。

ナイロンやポリエステルは石油から作るので合成繊維と呼ばれレーヨンも含めて
化合繊とよびます。ポリエステルは:堅牢度、耐久性からアウター衣料インテリアなどに
使われ、ナイロンは吸水性手触りの良さからランジェリー。ダウン表地などに使われます。

ヨーロッパでもナイロンといえば安物イメージでしたががポリアミドと呼称を変えてから
はポリエステルより一画上の高価格商品として定着しています。昨年大ヒットのユニクロ
のダウン ポリアミド細番手高密度のタフタです。ダウン用の生地生産急速に縮減して
いますが、高級ゾーンでナイロンのトレンドがきそうな予感、新しいナイロン生地の開発中
です。 出来上がったらポリアミド新商品として発表します。

 生地あざみや販売ページへ