あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その③

L143b.jpg
量産が軌道に乗った年 東京ソワールがこの生地でショールやストール
を百貨店で相当販売してました。 たしか1万5千円で相当のヒット商品
になりました。
ヒット商品ができると必ず追っかけ商品がでてくるもので、その翌年イオンが
1万円をきった値段で売り出してその翌年ショールのブーム終了
当社の出荷量もかなり落ち込みました。普通の織物ならブーム終了で
価格ダウンして最後は投売りでおしまいですが思い込みの強いこの商品
苦労して産んで育てた身として商品価値を落とす価格破壊はしたくなく
我慢の生産継続しています。
というよりこれだけ細い糸の織物は熟練作業者が継続しててできることで
一旦やめたら再生産はできないのです。
今も根強いフアンのおかげで爆発的な量ではありませんが、現在も弊社の
看板商品として生産継続しています。
そうそう世界一薄いオーガンジーの話でした
次回へ続きます。 
                           生地あざみや販売ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です