直立二足歩行何とも難しい

そもそも二足直立がボーリングピンを上下に2本立てて伸筋と屈筋の二種類の筋肉が関節を覆うって立つわけで、筋力が削げ落ちてからは関節をロックした状態で杖を3本目の足としてバランスを取っていた。 この感じ セラピスト諸氏解かるかなあ 歩行で片足を前に出すに骨盤をぶん回して出していたのが少しスマートに出来たころ、今度は前に出した足が跳ねる感じ これは推理するにこれは削げ落ちた筋力がリハビリで回復するとき伸筋と屈筋がバランス良く回復しないせいだなきっと 大腿四頭筋が脛を振り出すときハムストリング筋か゛完全に負けてるからだな この対処に膝を曲げて着地するよう言われた。 やってみるとたしかにかなりスムーズに アシモの歩き方を真似てるようだ  ホンダの技術者に二足歩行のコツを是非教えてもらいたい おそらく片足立ちが眼目でないかと推測するがどうだろうか モデルの歩き方キャットウオークではだめということ 意識してアシモの歩き方を真似ている  しかし発症してからもう1年が過ぎた。友人知人で脳卒中の経験者何人もいて社会復帰の様子から自分もできる気がしていたがどうやら 目を見張るような回復は無理なようだ   半 年、1年のスパンでゆっくり進むしかないようだ 去年の今頃はリハビリ病棟の窓から田の苗が雨の中で伸びるのを、風にそよいで起こる野分のように、稲刈りまで毎日眺めていたものだ、そのころからどれほど変わったろうか 道のりは遠い

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です