③半身麻痺ってこんな感じ

ちょうど体をタテに2分割したように搔いてもつねっても感覚がちがう もちろん左手も
左足もズシンと重い腕は上がるが足は単独ではあがらず手でもってひっぱりあげないと
うごかない 口はセンターなので唇の左側 舌の左側がよろしくないしたがって会話が
できるといっても発音がまるでダメ脳の視床という部分は神経感覚と筋肉に運動指令を
だすところらしい 発音と嚥下にいかに舌が働いてるか70年間そんなこと考えもせず
飲み食いだべっていたもんだ゛でも手や足や舌が悪いんではなく出血に浸かって駄目に
なった神経で脳と末端の通信障害により作動不良を起こしてるるということらしい 
その他のソケイブ中央の海綿体を含むモロモロの器官は特に異常はなさそうだが
多分これを司るOSは視床でなくて視床下部にあるからだなきっとおそらく機能は失われて
ないだろう
ともかくも麻痺している部分が重くてかなわないアイスホッケーのゴールキーパー
がつけてるようなプロテクターが左肩にずっしりと、透明のブラスチックのカバーが
顔面に張り付いてる感じ 左の肩と肘の稼動域がすくなくてうごかすと痛い
足はそうでもないが手は指先と手のひら全体がしびれている こいつは時間がかかりそうだ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です