原因不明の不調機が1台 ゆうことをきかん奴がいる

AJ001.JPG

 
どうしても1台 調子の出ない台に半日悪戦苦闘 こんなのに時間
とられて納期遅れしたくないので こうなれば奥の手、高速エアジェット機
でイッキに織り上げてしまえと機種替えしました。これでなんとか約束は
守れるだろう

                              生地あざみや販売ページへ

追加夏物最終追い込み

夏物最終.JPG

5月の末に依頼を受けて6月中原反アップ6/25染アップ それから縫製してこの
夏物に間に合わす 織物、染め加工、縫製の3工場が直結、あいだに商社、問屋が
1社も入らないからできる芸当です。 弊社の受け持ち分若干遅れ気味 ヤバイ
スカート710枚分のポリエステル綿混のストライプになります

                                 生地あざみや販売ページへ        

5年ぶりにニューヨーク~引き合いが

円安なのにテキスタイルの輸出引き合いがちっともはいらなと
思ってたところ タキシードクロス ブラツクサテンのオファーが
今日はいってきました。 米国のユダヤ人の人たちが着ている
黒のジャケット用の生地です。 履歴をくってみたらちょうど5年前
に積んでいました。 円建て価格は今も同じで 同価格でオファ
返しましたが決まってくれよ  しかしこの5年間代わりの生地が
あったのか よそのサプライヤーがあつたとしたら、韓国? 台湾?
為替が変動したらウチへくるのか なんで? やっぱ品質と値段
なのでしょうか 

やっぱりそうか 中国人が中国語は疲れる!!

以前聞いたことを別の中国人からまた聞きました。 二人共日本語を
上手に話す中国人 日本人だけの環境で日本語で生活してたのが
仲間の中国人がきたら久しぶりの中国語で  あー中国語は疲れるわ
だって やっぱり当たってた私の分析が 
中国語は日本語と違って口内の筋肉をフル活用します 音節も上がり
下がり4種類あって正しくないと別の意味になります。 だから小声で
話すと伝わらない。 従って彼らの声は大きい 痰を吐くのも喉に絡む
からなんですね  
日本語はつくづく省エネ言語だなと一人合点した次第です 

シャツに仕立ててみました

012-2.jpg

しばらく手元においてましたが 仕立て上がり見なけりゃ話にならないとおもって
かの有名な金沢のオーダーシャツの老舗 金港堂の宮谷社長(FB友で高名な
かけっこおじさん)に頼んでシャツを作ってもらいました。 ボタンダウンでカフスは
ちょっとお洒落にあとは任すわと
出来上がり届いたら衿にシワが入ってたのですかさずクレーム、ダメ出し、やりなおおし
で今度はスッキリと  オーダーの良いところはとことんお客の希望に沿ってくれるところ
です。おじさんちゃんとできるじゃないか 品の良い光沢 やっぱりシルクだわ
試着してみたら驚きの軽さ 計量したら149g  綿シャツは208g. 210gとその差
約60g  やっぱりシルクってすごいんだね

 

                                   生地あざみや販売ページへ    

シルク混シャツを衝動的に作ってしまった

cut013.jpg

見本帳のシルクの先染め糸が綺麗だったので衝動的にポリエステル10d経糸に
織ってみようと糸注文してつくりました。予想どおりにいい感じにあがったな
とおもってたところへ 糸代の請求書みてゲッ 高い! キロ8000円 1反に5.5kg
使用して緯糸だけで44000円/反 こりゃシャツ地として生地屋さんには売れないな
とおもった次第です。人には見せないでしばらく手元においておこう。

新タイプのポリエステル割繊糸ようやく完成間近

beforafter.jpg

通常織物の経糸は摩擦抵抗や強度をますために撚りをかけたり のりつけをしたりして織機に
かけますが シルクは糸の芯にあるフィブロインをセリシンという天然の糊剤が抱合しているため
撚りなし、のりつけなしでそのまま織ることが可能です 羽二重(シルクタフタ)はそのようにして
作られます。 従来のポリエステルでは不可能でしたが 上の写真のような新兵器ポリができて撚り
をかけずに織り上げた後で、糸の一部をまるでセリシンを溶かすごとく化学処理してシルクのきしみ感
ネメリ感を出すことに成功しました。今までシルクライクポリエステル散々研究されてきましたが
とうとう第一級品ができました。 ここまで研究期間はや1年 これから色柄をつけてようやく
発表できるとこまで こぎつけたところです。

ヴァイオリニスト ジュリ様のご希望にお応えして

002.JPG

ドレス美露土の永年のお客様 バイオリニストのジュリさま こんな色の
ドレス作ってよというご希望の色の生地がなかなか見つからなくてという
話しをスルーしてましたが

セリーヌ向けの試験反織り上がってタテ糸が余ったのでこれを利用して
ヨコ糸色替えしたらご希望色出せると思い試験しました。

ショッキングピンクというかコーラルというか、美露土デザイナーがまず
喜んでいます。 仕上げ加工のあとはデザイナーのお仕事ご満足いく
ドレスが仕上がりますように

1点ドレスのために織物作るのは、 オーケストラアンサンブル金沢以来
久しぶりです お客様のこだわりにとことん応えることは美露土どうよう
わが社のレゾンデートルです。

 生地の上がり具合はこちらからどうぞ
こだわりのチェリーピンクのドレスがご希望のお客様。難しい色は
織りからご提案することにしました。
       (ドレス美露土)
l

人を迷わすスカートって

ひさびさに社内で日本語 中国語の勉強をしてたらファッション談義に

ミニスカートは中国語で迷你裙(ミニチュイン) というそうな
明治期に英語を翻訳するのに最適な語句がなくて福沢諭吉はさかんに
漢字の造語をしたといいます。ひら仮名 カタ仮名の表音文字を持つ
日本語ならどんな英語も日本語表記はできるけど 漢字しかない中国
はどうするんだろと不思議におもつてたところ
ミニスカートを人を迷わすスカートと訳すなんて素晴らしい中国もなかなか
やるね。。と けだし名訳と感心するばかり
ついでにブラジャーは胸罩 (シュンツァオ)
パンツは裤子 (クーズ)
ショーツは短裤 (タンクウ) と書くらしい こちらはそれほど面白くない。
日本語検定2級を目指し勉強中の劉から質問される日本語かなり難しい
賞味,笑味の使いわけ正しくできる日本人どれだけいるかな


オリンピックの年はオーガンジーがよく売れる、

オーガンジーはオリンピツクの年にはよく売れる
と言うジンクスがありました 実際前々回くらい前まではそのように
実感しましたが、最近は少しかわってきました。
今思うにはブームが来て 販売増→生産増→在庫積み増し→
生産減→在庫枯渇→生産増 のサイクルが4年周期のオリンピックに
シンクロしていたとかんがえられる。
こういえばロマンの無いみもふたもない話ですが実際、生産と販売の
現場が直結して増減の触れ幅と周期が小さくなったことがブームが
起きなくなった原因でしょう、オリンピックイヤーはーガンジーイヤー
だつたは過去の話になってしまった。
オーガンジーとは元々細番手の綿を密度粗く織った薄地で透け感が
有りハリのある綿織物でした。ハリコシの耐久性乏しいものをシルクに
置き換えてハリコシの必要な服に欠かせない大事な織物になりました。
通常の絹織物では精錬して溶かしてしまう繊維の皮膜セリシンを残した
まま糸染めして織ることで薄くて固く透け感の有る織物になりました。
昭和30年代に桐生産地で開発されその後北陸産地で大増産され米国
へ大量輸出されシルクオーガンジーの大ブームとなりました。
50年代に石川産地でポリエステル30デニールの糸を先染めしてシルク
のセリシンに代替して合成樹脂を塗膜してハリコシを持たせる手法で
ポリエステルオーガンジーが誕生、そのご20デニールのモノフィラメント
をつかうことで樹脂加工せずとも固さを保てることからこれがポリエステル
オーガンジーの本流となりました。
現在シルクオーガンジーは国内2~3社 ポリオーガンジーは10社足らず
中国、韓国、台湾の生産量が圧倒的に多くなりましたが、すべては日本
の群馬県、石川県の小規模な1工場から生まれた品種です。
ちなみに原糸となるモノフィラメント20デニールは日本で開発され世界で
独壇場でしたが中韓台、トルコ、インドに追い上げられ、糸、織物ともに
生産絶対量では完敗しましたがトップランナーの意地で差別化新素材の
研究継続中です。
                          あざみや
                          オーダードレス美露土