オリンピックの年はオーガンジーがよく売れる、

オーガンジーはオリンピツクの年にはよく売れる
と言うジンクスがありました 実際前々回くらい前まではそのように
実感しましたが、最近は少しかわってきました。
今思うにはブームが来て 販売増→生産増→在庫積み増し→
生産減→在庫枯渇→生産増 のサイクルが4年周期のオリンピックに
シンクロしていたとかんがえられる。
こういえばロマンの無いみもふたもない話ですが実際、生産と販売の
現場が直結して増減の触れ幅と周期が小さくなったことがブームが
起きなくなった原因でしょう、オリンピックイヤーはーガンジーイヤー
だつたは過去の話になってしまった。
オーガンジーとは元々細番手の綿を密度粗く織った薄地で透け感が
有りハリのある綿織物でした。ハリコシの耐久性乏しいものをシルクに
置き換えてハリコシの必要な服に欠かせない大事な織物になりました。
通常の絹織物では精錬して溶かしてしまう繊維の皮膜セリシンを残した
まま糸染めして織ることで薄くて固く透け感の有る織物になりました。
昭和30年代に桐生産地で開発されその後北陸産地で大増産され米国
へ大量輸出されシルクオーガンジーの大ブームとなりました。
50年代に石川産地でポリエステル30デニールの糸を先染めしてシルク
のセリシンに代替して合成樹脂を塗膜してハリコシを持たせる手法で
ポリエステルオーガンジーが誕生、そのご20デニールのモノフィラメント
をつかうことで樹脂加工せずとも固さを保てることからこれがポリエステル
オーガンジーの本流となりました。
現在シルクオーガンジーは国内2~3社 ポリオーガンジーは10社足らず
中国、韓国、台湾の生産量が圧倒的に多くなりましたが、すべては日本
の群馬県、石川県の小規模な1工場から生まれた品種です。
ちなみに原糸となるモノフィラメント20デニールは日本で開発され世界で
独壇場でしたが中韓台、トルコ、インドに追い上げられ、糸、織物ともに
生産絶対量では完敗しましたがトップランナーの意地で差別化新素材の
研究継続中です。
                          あざみや
                          オーダードレス美露土       

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その④

mg2renketu.jpg

イッセイミヤケのプリーツプリーズに別注色オーダーがあったり シャネルのコレクションに採用
されたり、また花王のアジエンスのCMで使われたりして自信をもって世界一薄いシャンブレー
オーガンジーと謳っていましたが、なんと
ライバル出現 うちより薄くて軽いオーガンジーが同業他社が開発売り出してきました。
なんと7デニールの糸です。 見事にソフトで軽いのです これで世界一の座は失いましたが 
よくよく比較検討の結果薄すぎて洋服にはちょつと難しいなと
案の定 価格も高く(約4倍) :いまはショール スカーフでものづくりをされてる模様 確かに重量
を感じないくらい軽く透明感あり素晴らしいものですが後染めオンリーでシャンブレーは出ません 
やはりこれは別商品で競合はしないと結論づけました。 うちはうちで、先染めシャンブレーを
大事に守っていこうとおもいます。 商品名  tex nouveau NO.18 あざみやでは単に、
オリジナルオーガンジーとしています。
その後ジルサンダーもお買い上げあり 昨夏前から弊社得意先 国内業者様の注文がふえて
きました。
ファッション8年循環説が生きているのか  ネットのお客さまもこのオーガンジーご注文ふえて
きています。
                                     生地あざみや販売ページへ  
            

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その③

L143b.jpg
量産が軌道に乗った年 東京ソワールがこの生地でショールやストール
を百貨店で相当販売してました。 たしか1万5千円で相当のヒット商品
になりました。
ヒット商品ができると必ず追っかけ商品がでてくるもので、その翌年イオンが
1万円をきった値段で売り出してその翌年ショールのブーム終了
当社の出荷量もかなり落ち込みました。普通の織物ならブーム終了で
価格ダウンして最後は投売りでおしまいですが思い込みの強いこの商品
苦労して産んで育てた身として商品価値を落とす価格破壊はしたくなく
我慢の生産継続しています。
というよりこれだけ細い糸の織物は熟練作業者が継続しててできることで
一旦やめたら再生産はできないのです。
今も根強いフアンのおかげで爆発的な量ではありませんが、現在も弊社の
看板商品として生産継続しています。
そうそう世界一薄いオーガンジーの話でした
次回へ続きます。 
                           生地あざみや販売ページへ

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 その②

b2.jpg
通常ポリエステルオーガンジーはモノフィラメントといって20デニールで1本の糸で
そのままタテ糸につかいますが当社オリジナルオーガン15デニールは断面が三角で
そのままタテ糸に並べると反射面が不ぞろいになり光沢が汚くなります。
それの解決に縦糸(タテイト)に少し撚りを入れることで均一でソフトな光沢を得る事
が出来ました。 おまけに撚糸使いによりの細さの効果以上のソフト感が発現した
ことが幸運でした。
コストが高くなることと 量産方法で苦労したことは抜きにしてこれで”世界一薄くて
ソフトな先染めオーガンジー”とt打って出ることに シャネルやイッセイミヤケの
プリーツ・プリーツにも使われることになりました。
ただ薄くて縫いが難しいのと価格高が問題です、この透け感を活かしてドレス美露土
は重ね使いでドレスにふんだんに使っていますが
以後16色から36色まで増やしてきたことは前にもお話したとおりです  花王の
アジエンスのテレビCMに使われ映像の素晴らしさに感動しました。
ところが数年後”世界一薄い・・・”が謳えない状況に!!!!
  
                              生地あざみや販売ページへ

あざみや オリジナルオーガンジー誕生物語 ①

m7.jpg
通常ポリエステルオーガンジーは20デニールの糸で作りますが10年前
に10デニールの三角断面の新しい糸ができた時これで先染めオーガンジ
を作ろうと閃いて1ヶ月で完成 展示会の前日加工上がり深夜までかかって
設営 展示会に間にあいました。 
16色 1品種のみの展示はインパクトがあり 好評で当時ドレスの上に
羽織るショールの流行も相まってごい発注がありました。 
ただし試織は成功しても量産で不良品続出で客に納期遅れ ひどい迷惑を
おかけしましたが新商品で代替品がなく抱強く待ってもらえて軌道に乗るまで
10ヶ月かかりました。 
以後順次色数を増やして現在36色展開しています。ヒット商品が出ると大体
すぐにコピー品が安値で追っかけてくるのですがこれだけは日本国内でまだ
出てきません。
 シャネルがコレクションで使ったのが発端で同社へ販売ルートできたのも 
このおかげでした。 ただトルコのインテリア織物会社が色まで真似した
コピー品を出してきたのには驚きましたが。 
とまあこんない入れのあるわが社の看板商品10年目を迎えいろいろと
考えねばとっています。  
                          生地あざみや販売ページへ