幻の織物もうひとつご紹介

 

赤坂迎賓館のホームページで見られます 金華山織物といいます。カットビロードとワナビロードをくみあわせて織ったものでクラシカルな高級家具やタペストリーに使われる  写真は迎賓館に納入されたもので京都の織元が廃業時になんとかこの技術を継承保存したいと石川の業者が設備一式を譲り受けて京都から石川へ  その後行政の後押しも受けてがんばつていたものの近年高齢で廃業 完全になくなりました 金華山を称するのは和歌山に一社のみ あ トラックのお兄ちゃんお姉ちゃんがダッシユボードにはってるのはフェイク品です 左の写真は迎賓館で首脳会議に臨んでいる安倍さん左から3番目 いつのころだろう

 

ビロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です