我社ヒット商品の内幕

現在大半の織物は液流染色機と呼ばれるタイプの染機で染色
しています。 汎用性に優れて便利な機械ですが生地端末を
結反して何百mもつなげたまま引っ張って回すので生地のヨコ方向は十分収縮しますが、タテ方向に引っ張られるため収縮率が不足し、タテシワがはいりやすいのが欠点です。
そこで新タイプの染色機 生地をひっぱるのではなく、空気で押し込むタイプができました。 
             エアフロー染色機の仕組み 

日本全国で5~6社しかまだ導入されていない この機械で弊社の
10デニールで織った生地を染色加工することで年間1000反販売できたアイテムがいくつもできました。残念なのは主な市場が日本ではなく中国、欧州だということ   まだまだバリエーション広がる可能性がある分野です。

79h.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です