割繊糸10デニール無地染でつくりました

無地連結.jpg

ポリエステルながらシルク羽二重タッチに上がったのでミセスを念頭にシックな色だろうと
これはディープブルーというかアイアンブルーですね
ドレープの出かた、透け感 手触り 目論見どおりに上がりましたが肌さわりとか
着心地 軽さはどうでしょうか ここまできたらモニター兼モデルがほしくなってきた
誰か探そう

懐かしいポリシルクミックスオーガンジー試験です

020.JPG

昭和30年代に大ヒットしたシルクオーガンジー アメリカ輸出ですごい量が
つくられました。 生糸をセリシン残したまま先染めして、タテヨコに織ります
かせ染あるいはハンク染といって今でも藍染や大島の染と同じ手法です。
生産性とコストの面で現在ではチーズ染(コーン形状のボビンに糸を巻いてボビン
のまま染める )が主流になっています。 シルクもチーズ染できる工場できました
そこで試験染したシルクの糸をよこにして経はポリエステル どちらも黒なので
写真ではわけがわからないほど見えません 実物でもこれほど細い黒糸は
どこに糸があるのか見えません。 国産のシルクオーガンジーは今でも一定の
需要があって中国からははいってないようです。 お客の要望でシルクミックス
オーガンジーを作れとのこと 今日しかけました 表面感はちょっと綺麗すぎる
印象ですが最終加工が終わってからの判断です。

我社ヒット商品の内幕

現在大半の織物は液流染色機と呼ばれるタイプの染機で染色
しています。 汎用性に優れて便利な機械ですが生地端末を
結反して何百mもつなげたまま引っ張って回すので生地のヨコ方向は十分収縮しますが、タテ方向に引っ張られるため収縮率が不足し、タテシワがはいりやすいのが欠点です。
そこで新タイプの染色機 生地をひっぱるのではなく、空気で押し込むタイプができました。 
             エアフロー染色機の仕組み 

日本全国で5~6社しかまだ導入されていない この機械で弊社の
10デニールで織った生地を染色加工することで年間1000反販売できたアイテムがいくつもできました。残念なのは主な市場が日本ではなく中国、欧州だということ   まだまだバリエーション広がる可能性がある分野です。

79h.jpg

今流行りの接触冷感素材で 思い出した昔のシャツを

004.JPG

レーヨン100%の生地でつくられたシャツが夏場
着ていてすごく気持ちよかったのを思い出しました。
20年以上前ですが その当時クールビズだの
接触冷感などという言葉もなかったけど調べてみて
清涼感を感じる仕組みが分かりました。



触冷感の仕組み

熱伝導率の大きいもの   レーヨン キュプラ
吸水速乾性の強いもの   改質ポリエステル
が良いということでこれらが今接触冷感素材と謳って
市場に出ています。
そこで思いついて試験です。 今研究中の割繊糸
を経糸に緯糸をレーヨン キュプラ テンセルで
皮膚にまとわりつかぬようさらにドライタッチにするため
バーズアイの織り組織にすればいいかもと考えた次第 
冷感の指標もあるみたいだから 今シーズン 間に合わなくとも
 このさい徹底的にやってみよう

さあプリントが上がってきた

集合1.jpg

                                                     

兵器モノフィラメント割繊糸の羽二重に インクジェットプリントをためしてみました。 
モノフィラメント故に撚りをかけずに織ることができます。織り上げたあとで加工で
繊維がバラバラになり羽二重の風合いが狙いどおりに出ました。 無地染のものは
今製品に作成中 出来上がったらアップします 
しかしオリジナナル柄の作成は難しい。 助っ人がほしくなります。

レースとレオパード.jpg

                                生地あざみや販売ページへ    

使用糸量の計算ミスで

YD002.JPG

ヨコイトに5色使う生地で パープルとイエロをミスしてあべこべに
計算してしまい あと3反というところで染糸ぎれ 染工場混んでるから
6月半ばまでかかるよというのが  無理して早めてもらって大助かり
今日再稼働です 糸屋さん 染め工場さんに感謝感謝
納期先行してたのでお客に迷惑はかけずにすみましたが ちょっとの
ミスでロスが出ますね ロスゼロはなかなかむずかしい

                               生地あざみや販売ページへ

原因不明の不調機が1台 ゆうことをきかん奴がいる

AJ001.JPG

 
どうしても1台 調子の出ない台に半日悪戦苦闘 こんなのに時間
とられて納期遅れしたくないので こうなれば奥の手、高速エアジェット機
でイッキに織り上げてしまえと機種替えしました。これでなんとか約束は
守れるだろう

                              生地あざみや販売ページへ

追加夏物最終追い込み

夏物最終.JPG

5月の末に依頼を受けて6月中原反アップ6/25染アップ それから縫製してこの
夏物に間に合わす 織物、染め加工、縫製の3工場が直結、あいだに商社、問屋が
1社も入らないからできる芸当です。 弊社の受け持ち分若干遅れ気味 ヤバイ
スカート710枚分のポリエステル綿混のストライプになります

                                 生地あざみや販売ページへ        

5年ぶりにニューヨーク~引き合いが

円安なのにテキスタイルの輸出引き合いがちっともはいらなと
思ってたところ タキシードクロス ブラツクサテンのオファーが
今日はいってきました。 米国のユダヤ人の人たちが着ている
黒のジャケット用の生地です。 履歴をくってみたらちょうど5年前
に積んでいました。 円建て価格は今も同じで 同価格でオファ
返しましたが決まってくれよ  しかしこの5年間代わりの生地が
あったのか よそのサプライヤーがあつたとしたら、韓国? 台湾?
為替が変動したらウチへくるのか なんで? やっぱ品質と値段
なのでしょうか